イーグルス全敗でリーグ終える アメフット

 関西学生アメリカンフットボールリーグが11月20日、西宮スタジアムで行われた。関西大イーグルスは神戸大レイバンズに敗れ、今季リーグ全敗という最悪の結果に終わった。【1999年11月20日 関大タイムス=UNN】
 関大は第1Q開始3分、DB長谷川がインターセプトし、そのまま23ヤードを走りTD。TFPも決めて7点を先制した。
 しかしその後は神戸大ペース。第1Q終了20秒前に神戸大のQB上岡にTDを決められる。第3Qに関大のK石野がFGを決めて3点を追加するが、第3Q、第4Qにも神戸大のQB上岡にTDを決められ、点差を縮めることができないまま、結局10-23で敗れた。
 関大は今季リーグ全敗という最悪の結果に。辻岡主将は選手たちに「これから入れ替え戦までの3週間は絶対に弱音を吐くな」とげきを飛ばした。また「今年は優秀な人材がそろっている。絶対に来年、再来年は強いチームになるはずだから絶対に勝つ気でいきたい」と入れ替え戦への気持ちを語った。
 関大のリーグ日程はこれで終了。入れ替え戦は12月11日西宮球技場で、同志社大ワイルドローバー-北陸学生代表の勝者と1部リーグの座をかけて行われる。

関西学生アメリカンフットボールリーグ
(1999年11月20日・西宮スタジアム)
  1Q 2Q 3Q 4Q
関西大 7 0 3 0 10
神戸大 6 3 7 7 23