97-98年のウィークリー復刻

 UNN関西学生報道連盟がかつて毎週月曜日に発行していたキャンパスウィークリー(廃刊)について、1997年、1998年分の復刻が終わりましたので公開しています。
 97年は金融不安が高まった年で、11月には四大証券の一角をなした山一証券が破綻。400人を超える学生の内定が取り消されました。また、生協や学園祭で、O-157の食中毒対策に躍起となっていた様子がうかがえます。
 98年は同年にフランスで開催された日本が初出場したサッカーワールドカップの現地ルポ、大学生たちの受け止めを伝えたほか、相次いだ毒物混入事件が大学にも影を落としていたことが分かります。
 なお、欠けている一部の号はテキストデータが見つかっていません。また、一部公開している1999年分も、下半期のデータが手持ちにく、復刻できない状態となっています。もし、お手持ちであれば、旧友会事務局までご一報ください。
 また、ほかの年についても順次復刻を進めていますので、しばらくお待ちください。 キャンパスウィークリー復刻版