同志社「寄付金の不透明処理ない」

 同志社大のごみを京都市に無許可で収集、運搬したとする廃棄物処理法違反容疑で学校法人同志社の幹部や子会社の社員らが逮捕された事件で、同志社は1月21日、水谷誠理事長名で声明を出し、ごみの処理費用の一部が子会社を通じて寄付金名目で法人側に流れたとされる報道について、「寄付金をめぐる不透明な処理の報道もされているが、そのような事実は一切ない」と否定した。
 声明によると同志社は昨年2月に京都市から指導を受けたが、11月にも「廃棄物の不適正な処理に係る指導票」を受け、12月からごみ処理の委託先を京都市の指定業者に切り替えたという。
 また、水谷理事長は「業務を委託した法人の責任者として責任を痛感し、世間を騒がせたことに対し、心から深くお詫び申し上げる」としている。

学校法人同志社「京都府警の捜査について」全文
同志社大PRESS「施設課家宅捜索受ける 無許可でゴミ処理の疑い」
読売新聞「同志社事務方トップ逮捕…大学のゴミ無許可収集」
NHK「同志社大ごみ無許可収集で逮捕」
京都新聞「同志社大のごみ、無許可収集 法人部長ら逮捕」
関西テレビ「『同志社』幹部職員ら6人逮捕」
朝日新聞「同志社大のごみ無許可収集の疑い 関連子会社長を逮捕」
産経新聞「同志社の事務部門トップら6人逮捕」
毎日放送「無許可でごみを運搬 同志社大学職員ら逮捕」
時事通信「同志社事務方トップ逮捕 大学ごみ無許可収集容疑」