学校法人同志社の職員3人逮捕

 同志社大のごみ収集を許可を得ていない学校法人の子会社「同志社エンタープライズ」に委託したとして、京都府警は2月18日、廃棄物処理法違反(委託基準違反)容疑で、学校法人同志社(京都市上京区)の施設部長ら職員3人を逮捕した。
 同志社は2月19日に水谷誠理事長名で声明を出し、法令違反を放置していたことを認め、外部委員による第三者委員会を設置したことを明らかにした。
 同志社をめぐっては1月、事務方トップの法人事務部長ら6人が同法違反(無許可収集・運搬)容疑で逮捕されたが、京都地検が処分保留とし釈放されている。

学校法人同志社「第三者委員会設置について」