京大と近大の研究用原子炉「合格」

 原子力規制委員会は3月13日の定例会で、京都大と近畿大にある教育研究用の低出力原子炉2基について、新規制基準に適合し事実上の合格証にあたる「審査書案」を了承した。福島第1原子力発電所の事故を受け強化された安全対策の新基準に基づき、教育研究用の原子炉が合格するのは初めて。学生が国内で実習できないなど人材育成面での支障が指摘されていた。
 合格となったのは京大原子炉実験所(大阪府熊取町)の熱出力100ワットと、近大原子力研究所(大阪府東大阪市)の1ワットの研究炉。核分裂の仕組みなどを学ぶ実験などに利用されてきたが、定期検査のため2014年に運転を停止していたが、自然災害が航空機事故に対する影響評価などについて、運転再開の前提となる新規制基準に適合していると認められた。