大学野球選手権の組み合わせ決まる

 全国各地で行われている大学野球連盟の春季リーグなどを制した代表校が大学日本一を争う第65回全日本大学野球選手権(6月6~12日、神宮球場・東京ドーム)の組み合わせ抽選会が4月22日、東京都内で行われた。前回覇者・早稲田大が所属する東京六大学野球連盟代表はシードされ、2回戦から登場。阪神大学野球連盟代表と京滋大学野球連盟代表の勝者と対戦する。
 関西勢はこのほか、関西六大学野球連盟代表が北東北大学野球連盟代表、関西学生野球連盟代表が南東北大学野球連盟代表、近畿学生野球連盟代表が愛知大学野球連盟代表といずれも1回戦で対戦する。
 シードは東京六大学のほか、東京新大学、神奈川大学、関甲新学生、東都大学の計5連盟。
 今大会から九州地区大学野球連盟から北部と南部の2代表を出すため、全国26連盟の27代表が参加する。

全日本大学野球連盟「第65回記念大会 対戦組み合わせ」
UNN旧友会「2016年全日本大学野球選手権」