関学爆破予告 警察が異常なしと確認

 インターネット上で関西学院大などに対し爆破予告があった事件で、関学は5月6日、構内を警察が調べたところ、異常はなかったことを発表した。関学はキャンパスなどへの立ち入り禁止を7日に解除した。
 発表によると、各キャンパスで1~2日と6日に警察が構内を調べたが、異常がないことが確認されたという。
 爆破予告を受け、関学は5月2~6日の間、授業を休講とし西宮上ケ原キャンパスと西宮聖和キャンパスの立ち入りを禁止していた。

関西学院大「爆破予告への対応について」