関西国際大 明大破り8強入り 野球

 全日本大学野球選手権は6月8日、2回戦6試合が行われ、関西勢では関西国際大(阪神大学)が明治大(東京六大学)を延長タイブレークの末に競り勝ち準々決勝へ進出。次戦はこの日、九州国際大を破った奈良学園大(近畿学生)と対戦する。立命館大(関西学生)は昨年の大会1回戦で敗れた東海大北海道キャンパスに完封負けを喫し、2回戦で姿を消した。
 関西国際大は5人の投手リレーで明治大打線を4安打に封じ、タイブレークの延長10回は好守備で1失点で逃げ切った。関西国際大は初戦の花園大(京滋大学)戦に続き、2試合続けての延長タイブレーク勝ち。奈良学園大は5回に同点に追い付かれたが、8回に宮本の決勝点となる本塁打で勝ち越した。先発の鈴木は2試合連続の完投勝利。
 一方、2回戦敗退の立命館大は東海大北海道キャンパスの先発・水野の前に16三振を喫し、昨年の雪辱とはならなかった。

UNN旧友会「全日本大学野球選手権の結果」