中京学院が初出場初優勝 野球決勝

 全日本大学野球選手権は6月12日、神宮球場で決勝が行われ、初出場の中京学院大(東海地区大学)が中央学院大(千葉県大学)を5-2で下し初優勝に輝いた。東海勢の優勝は1970年大会の中京大(愛知大学)以来46年ぶり。
 ともに初優勝がかかった両校の試合は、中京学院大が2回、楠の適時打と敵失がらみで2点を先制。5回に3点を加えて試合を決めた。先発の栁川は2失点完投。

UNN旧友会「全日本大学野球選手権の結果」