奈良学園 終盤に逆転され決勝逃す

 全日本大学野球選手権は6月11日、神宮球場で準決勝2試合があり、中京学院大(東海地区大学)と対戦した奈良学園大(近畿学生)は終盤に逆転を許し、決勝進出を逃した。もう一試合は中央学院大(千葉県大学)が2013年大会の覇者・上武大(関甲新学生)を破った。中京学院大と中央学院大はともに初の決勝進出。
 奈良学園大は2-2で迎えた4回に村上の適時打で勝ち越し、6回には中西の適時打で追加点を奪って2点差としたが、9回表にエースで先発の鈴木が中京学院大打線につかまって3点を失い、惜しくも敗れた。
 中央学院大は初回に2点を先制し、中盤も得点を積み重ねた。投げては田辺、臼井両投手が上武大打線を4安打、失点は長沢の本塁打による1点のみに抑えた。

UNN旧友会「全日本大学野球選手権の結果」