阪南大が首位に サッカー前期最終節

 関西学生サッカーリーグは前期の最終第11節6試合が行われ、阪南大が関西学院大との首位攻防戦を3-0で制し、前期を1位で終えた。関西学院大は2位に後退。上位対決となった立命館大と大阪体育大の一戦は立命館大が5-0で大勝。順位を一つあげて3位とった。
 前節で連勝が止まった関西大はびわこ成蹊スポーツ大に完封勝ち。びわこ成蹊スポーツ大と勝ち点差なしの6位で前期を終えた。勝ち点差なしの11位同志社大と最下位大阪教育大の直接対決はスコアレスドローに終わった。

UNN旧友会「関西学生サッカーリーグ」